汚水桝の改修工事を実施しました(新宿区高田馬場)

テナントビルの1階トイレ排水が流れないトラブルのご相談があり、現地調査に伺いました。
こちらの建物では、各階トイレと飲食店厨房の排水が集合する桝が設けられています。

鉄蓋を開けて排水升の様子を見ると、内部に油の付着が見られますが、詰りの原因箇所は分かりません。
配管内視鏡カメラを使って内部の調査を行う事にしました。

カメラを入れて調査を進めると、2つの原因が判明します。

  1. 排水桝が地中に沈み込んでいて、下流側の配管のソケットが外れ、配管が逆勾配になってしまっている
  2. 飲食店の厨房から流れ出る油が堆積して排水を妨げている

これらのトラブル解消に向け工事計画を提案させて頂き、改修工事を行う事となりました。

まずは床を掘り、既存の排水桝と配管を撤去します。

 

続いて、新規の配管と排水桝の設置です。

通水試験は問題無し!モルタルで埋め戻します。

 

最後に、塩ビタイルを張って終了です。

築年数の経過によって地中の空洞化が進むことは珍しくなく、それにより排水桝が脱落したり、排水管が宙吊り状態になったりします。やはり定期的な点検や清掃作業などの維持メンテナンスの実施は、トラブルを未然に防ぐ重要な行動です。
見落としがちな排水設備についても、改めて確認してみてはいかがでしょうか。

清掃や設備点検、計画的な修繕計画など、建物の維持管理業務にお悩みでしたらリロンライフパートナーズまでお気軽にご相談下さい。

TEL:03-6228-0511(月~金 9:30~18:30)
WEBフォームからのお問合せはこちらから!