自社管理・自社施工 リロンライフパートナーズ

ビル管理会社の見直しから空室対策までなんでもご相談ください。

建物・ビル管理

雨漏りしてからでは遅い!! 10年保証の屋上防水工事

2019年01月28日

世田谷区の管理物件で、防水工事を行いました。
経年劣化により、屋上防水がだいぶ傷んでおりました。
このままでは雨漏りも時間の問題です。

そこで以前より、雨漏りする前に防水をやり替えましょう
とオーナー様に提案させて頂いておりました。

やっと予算も確保でき、いよいよ工事開始です!!

防水工事は天候に左右されるので、実施時期も考えなくてはいけません。
長期予報も晴れ続きで、ナイスタイミングです。

まずは工事の内容を入居者にお伝えして理解を求めることから始めます。

さて作業開始です。
最初に長年の汚れや付着物を剥がします。


施工前

すでにダメになってる部分の浮きや剥がれのチェックも怠りません。

新しくできる防水層の下地を整えていきますが、この作業がとっても大事なんです!!


下地補修


下地補修2

下地が悪いと浮きや剥離の原因にもなります。
これでは防水性能が長持ちしないのです。

弊社では10年の性能保証をさせて頂いてますので、
そこはきっちりやらせて頂きます。

防水シートが綺麗に敷き込まれるよう丁寧に下地を形成していき
防水シートの敷込作業が完了したら、次はウレタンの防水作業です。


防水シート施工


ウレタン防水1層目

きっちり2層に分けて施工していきます。


ウレタン防水2層目

そして雨水用の排水溝も改修します。


改修ドレン設置

ここは排水口と防水層と縁が切れる場所でもありますし、水の通り道なので漏水するリスクも高いのです。

ここはきっちり防水専用の改修ドレンに変更しますし完全に処理します。

最後にトップコートを施して完成です。


トップコート

どうですか!!
見違えるほど綺麗になりました。


施工後

防水層は一度劣化が始まると、加速して悪くなっていきます。
雨漏りを引き起こしてからでは入居者に被害が及ぶ可能性もありますし、何より建物の構造体に悪影響を与えてしまいます。
今回はそうなる前に工事を行う事ができました。
これで10年は安心です。

私たちリロンライフパートナーズはお客様の大切な資産を守るため、
トラブル解決はもちろんですが、トラブルを未然に防ぐこと、安全を確保する事に重点におき日頃の管理業務を行っております。

ビル、マンションの維持管理、建築工事、改修工事に関するご連絡はこちらまで!→03-6228-0511
東京のビルメンテナンス、管理業務に伴うご相談、お見積のご依頼はお問合せフォームより

 

Copyright ©リロンライフパートナーズ株式会社 All rights reserved.