そろそろ雨の時期、湧水槽は大丈夫ですか?

今回は、豊島区のマンションで毎年湧水槽の水を抜く作業をしており、そちらの作業風景をアップします。

その前に、湧水槽とは雨水・地下水等の湧いてしまう水を貯める槽を湧水槽と言います。地下水はどこから流れてくるかわかりません。建物の中に、湧水が入ってくることを防ぐのではなく、わざと湧水を入れる槽を作り、槽に貯めて排水するという役割となります。

もちろん湧水が発生していない建物もございます。今は湧き水が発生していなくても、建物や周りの環境が変化することにより、昔は湧水槽に水が無かったが、今は不定期に水が溜まることもございます。

毎月、弊社スタッフにて巡回点検をしている建物では湧水槽の確認もしております。なかには、水が溜まっており、毎月どの程度増えているか計測している建物もございます。湧水槽内に自動排水用のポンプが設置していれば安心ですが、ポンプ設置が無い建物もございます。そのため、ポンプが無い建物は人の手により水を排水しなければなりません。毎年、ポンプを持参して排水作業を実施している建物は多々あります。

梅雨時期になると、あらゆる箇所から湧水が発生してしまう確率が高くなってしまいます。湧水槽が満水になってしまう前に、ご心配のオーナー様・所有者様一度弊社までお気軽にご相談下さい。

その他、お困りのことがございましたら、一度リロンライフパートナーズまでお電話及びメール連絡下さい。弊社による、現場調査・お見積りは無料となっております。

TEL:03-6228-0511(月~金 9:30~18:30)
WEBフォームからのお問合せはこちらから!