自社管理・自社施工 リロンライフパートナーズ

ビル管理会社の見直しから空室対策までなんでもご相談ください。

スタッフブログ

夜な夜な怪奇音??犯人は。。。。台東区緊急対応 怪奇音編

2017年05月31日

先日弊社の管理するマンション入居者様よりご連絡を頂き、部屋のどこからか時々音がするので困ってますと連絡がありました。

早速現地に向かい部屋内にお邪魔すると、ちょうどどこからか振動音のような音が聞こえてすぐに
消えました。原因を探るべく、部屋内、 上階の部屋、隣りの部屋、下階の部屋と、全て隅無く確認しましたが まったく原因がわかりません!

まさか。。ポルターガイスト???かも(笑)
怪奇現象にしたくなる程、もう・・・お手上げなんです。

一旦体制を整えるべく建物を出ようとしたとき、ポンプ室の前を通ると。。。。
部屋の中で聞こえた音が、しているではないですか!!

まさかの ポンプの発停時の動作音の可能性が出てきました。
そこで1人が部屋内、1人がポンプ室前で電話をつなぎ、ポンプが作動している時に部屋内まで音が響くかを確認です。どうやらポンプが動作した時、その振動がコンクリートの壁や床を伝わって部屋の中まで響くようです。

このような現象はエアコン室外機でまれにあるのです。
それは屋上やバルコニーに設置している室外機です。

その振動音がすぐ下の階には響かず、2階下の部屋内や、少し離れた部屋で振動します。
しかも入居者は夜中の静かな時に気が付くので、怪奇現象と勘違いする人もいます。
原因が確定しにくいとてもレアで厄介のケースが存在します。

でも!今回はエアコン室外機ではなく、給水ポンプが犯人です。
ポンプはモーターや、配管に水が通る力で特有の振動が出ます。
通常はポンプ本体に防振工事と言って、揺れを軽減する装置を付けますが、今回はポンプの経年劣化もあり、想定以上に振動が伝わっているようで、さらに追加の処置が必要になりました。

直ぐにオーナー様に事情を説明し、対策のお見積りを提出する事になりこれで解決です。


振動を止めるための施工例


犯人は・・・この配管1


犯人2


犯人3

全室で1つの部屋だけに音がしましたが、入居者様全員の満足度を高めるには建物の静穏性は大事だと改めて思いました。

リロンライフパートナーズでは24時間、経験豊かなスタッフが迅速に対応し、最適なご提案をさせて頂きます。
日夜様々なトラブルに対応をしております。緊急、夜間のトラブルにも対応いたします。
断水の設備トラブル対応、ビル管理のご依頼は03-3269-5556までご連絡ください。
ビルメンテナンス、管理業務に伴うご相談、お見積のご依頼はお問合せフォームより
ぜひ管理はお任せください。

Copyright ©リロンライフパートナーズ株式会社 All rights reserved.